オフィスを移転したいならチェックしておきたいこと

オフィスを構えているものの諸々の事情から移転を考えるのであれば、事前準備を万全にしておかなくてはなりません。家賃の問題や場所の問題などから引越しをした方がいいと判断しても、その後に以前の場所の方が良かったと思ってもいけないからです。事前準備でしておかなくてはならない事は、現在の契約の確認や新しい場所に移る時期、関係各社への連絡、郵便物の転送などしておかなくてはならない事は山のようになります。一つ忘れるごとに、取引先に迷惑をかける事になっては、契約を打ち切られてもいけませんのでポイントを押さえておきましょう。これからも取引先といい関係を続けていくためにも、自分の会社の事だけを考えるのではなく、関係各社の事も考えてやるべき事をこなしていかなくてはなりません。

目的をはっきりさせて失敗を防ぐ

現在の場所では何かと不便な事が多い為、移転をしたいと考えている場合、不便な点や不満点を書き出してみると、新しいオフィスのイメージがわいてきます。現在の場所では駅から遠い、駐車場がない、家賃が高いなど、不満点がたくさんあれば出来るだけその不満点を解決できる場所を探さなくてはなりません。不満点を解消することが出来れば、お客様からの評判も良くなりますので、仕事にもつながりやすくなります。自分たちが感じている不満点は、お客様も同じように不満に感じている点だと考えられますので、出来るだけ多くの点を改善させていかなくてはなりません。現在感じているのはメリットの部分もある場合、メリットの部分も失うことがないようにしましょう。一つ不満点が解消されても、また一つ不満が出てもいけないからです。

移転の日が決まればそれまでに準備する事

オフィスの移転が決まったら、通常業務に加えて引越し準備を始めなくてはなりませんので、通常業務がおろそかにならないように、早めに取り掛かるといいでしょう。引越し業者の手配をしたり、取引先にいつ引っ越し作業をして場所が変わるのかも伝えておかなくてはなりません。いつ場所が変わるかを伝えていなければ、取引先を混乱させることになりますので、大事な書類なども届かないようなことがあってはいけませんので、早めに担当者などに伝えるようにし、何の問題もない状態にしておくといいでしょう。新しい店舗の契約だけではなく現在の契約内容の確認が必要です。契約によってはいつまでに伝えておかなければならない等の問題もありますので、無駄に家賃を支払わない為にも契約内容の確認は必要事項です。