いつ頃からオフィス移転の手続きを始めるのか

オフィス移転の時期は会社の繁忙期などを避ける形で行われるべきものですが、それは他の会社でも同じことを考えており、オフィス移転の時期が集中することがあります。集中してしまえば、引っ越しにかかる費用は増えてしまい、結構な負担になってしまいます。そのため、いかに計画的に準備を進め、できるだけお金をかけずに行っていくかが大事です。また、実際に引っ越すにあたり、様々なところにその予定を伝えることも必要です。それをしないと混乱を与えるばかりかスムーズな計画が崩れてしまい、迷惑を与えてしまうため、避けなければなりません。やるべきことを行い、できるだけ手間をかけず、それでいてスムーズに新たな場所でやっていくには、段取りをちゃんとこなしていくことが必要です。

場所探しをしてから逆算で考える

オフィス移転のスケジュールを立てる場合、場所を見つけないことには話になりません。場所を見つけていつなら入ることができるのかというものを相談し、入居日をある程度決めてしまいます。すると、その入居日までに引っ越すにはどれだけの時間がかかるのかというのを逆算していけば、おのずと準備期間というのは定まっていき、手続きに入ることができます。例えば、今のテナントのオーナーに対して解約予告を行いますが、通常は解約希望日の半年前とされています。そのあとに行われる原状回復に関する工事、新たな職場の工事など様々なことをする必要があります。これを逆算して考えていけば、より確実にスケジュールを立てることができ、余裕のあるスケジュールになるため、ぜひとも実践したいところです。

費用の目途が立ったタイミングから始める

ちゃんとした計画以前に、オフィス移転に必要な費用を工面できるかどうかというのが重要です。新しい職場のテナントの賃料として1年分は用意しておく必要があり、これに原状回復工事など様々なものが加算されます。住所変更に伴う名刺の交換など細かなものを入れれば相当な額が必要となるのは明白です。これだけの費用を工面できるタイミングから検討し始めるというのも大事なことです。できるだけ安く引っ越しを済ませるのであれば、入居日を調整し、繁忙期などと照らし合わせて行うようにすれば、費用を抑えることもできます。住所の変更の手続きなどは解約予告をしてからでも十分に間に合います。ただ、新たな契約、入居日退去日などの都合を最優先し、スケジュールを立てていくということが求められます。